求人サイトが教えてくれない高収入を稼ぐ一流のタクシー乗務員になる方法を教えます。

  • 求人サイトが教えてくれない高収入を稼ぐ一流のタクシー乗務員になる方法を教えます。 はコメントを受け付けていません。
一流のタクシードライバー

このページをみているあなたは「タクシー乗務員になろうかな?」「タクシードライバー稼げるのか?」のように、タクシー業界への転職を考えていると思います。また「タクシー乗務員は稼げる」と聞いたけど、「給料が保障されている」のは本当なのか?・・・などなど、タクシードライバーのお仕事をやっていけるかどうかの不安もあると思います。

こうした不安を解決できればタクシー乗務員として働いてみようと決断されると思います。
巷でよく見かけるタクシー求人サイトは、「高収入が稼げる」「高収入のタクシー会社です」のキャッチコピーで求人を煽っています。
タクシー会社は求人難なので、こうした煽り広告が目立つわけでして、それではそういった会社に就職すれば本当に高収入が稼げるのか?

それは本当であり、嘘です。

高収入が稼げると聞いて就職したけど、稼げないと後悔する前に、タクシー乗務員になって成功する方法を具体的に紹介します。

タクシー乗務員に求められる基本

まず、タクシー会社は「接客をメインとしたサービス業」だと、肝に命じてください。
この「サービス業という本質」が理解できていないと、あなたは一流になるための準備をしないし、そのため乗客が不愉快になる運転をすることになります。

タクシー車内は「あなたのお客様をお迎えする自宅のリビングルーム」です。

車内は清潔でクリーンに
タクシーという狭い空間の中で、ドライバーであるあなたと、お客様二人だけの世界になります。
この空間こそ、あなたの自宅のリビングルームと同じです。
お世話になった仲人さんや子供の学校の先生といった来客があれば、多分リビングルームや客間は前もって掃除すると思います。
タクシーの車内はそれと全く同じことなのです。
目的地まで乗客を快適に運ぶというのがドライバーの使命で、これが仕事です。
こうして、目的地まで乗客を運ぶ数分、数十分の時間に、あなたが一流乗務員になるための努力と工夫をしなければなりません。

車内に嫌なニオイを残さない

僕はタクシーに乗車すると、いちばんに気になるのが車内のニオイ。
タバコ臭くないか、かび臭くないかをチェック。
それと、タバコのニオイを消したりする芳香剤の嫌なニオイ。
僕だけではなく、日本人はニオイに敏感なので、こうしたニオイが漂ったタクシーに運悪く乗車した場合は、窓ガラスを開けて通気を良くする。

乗務員の後ろ姿は商売道具です

ヘアスタイル
次に、ドライバーの身だしなみ。
ヘアースタイルが茶髪とか、寝グセのまま手入れしていないか?
タクシー乗務員は、後ろ姿を見られる職業だけに、きちんと散髪して整えて欲しい。

そしてシャツの首周りの汚れていないか?

洋服がどうみても着たきりスズメ状態では三流ドライバーと見られる・・・。
どんなに運転が上手であろうが・・・世の中って第一印象が悪ければ三流なんです。

清潔な服装が一流への第一歩であり、常連客の指名も増える

清潔な服装
こうして悪い点を取り上げればキリがない。
あなた自身が洋服センスがないと、着るものをあんまり持っていないなら、制帽・制服のあるタクシー会社を選びましょう。
西鉄タクシーや第一交通、とまとタクシー、MKタクシーなど制帽・制服の着用を義務化しているので、さほど気にならない。
制服がイヤだという人はまず、一流乗務員になるにはほど遠い。

また、服装が自由なタクシー会社だからと言って、あんまりくだけたトレーナーや派手な洋服では、乗客の印象も悪くなる。
やっぱり、黒や紺色のジャケットまたはカーディガンを羽織って、白か薄いグレーや、薄いブルーなどのシャツを着て、小紋柄かストライプのネクタイ、もしくはダーク系の無地のネクタイをつければ印象もよい。ヘアスタイルも手入れされていない挑発はご法度。

コミュ障でも一流ドライバーになれる

タクシードライバーの仕事はお客様との会話も大切です。
かと言って、あなたから話しかける必要はありません。
乗客から聞かれたことだけを答えれば良いので、決して話上手である必要はありません。
だけど、一般常識や政治、スポーツなど世間で話題になっていることは新聞などを読んで情報を整理しておきましょう。一流の運転手さんは日経ビジネスを読みます。

人と話すのが苦手な人でも勉強しだいでは、一流乗務員になれます。
無口な人でも笑顔は忘れずに接客しましょう。

ギャンブル新聞を社内で広げない

ギャンブルはするな
時々、スポーツ新聞を広げて、競馬やボートレース、競輪などの情報に赤ペンを持って熱心にみているタクシードライバーを見かけますが、こうしたことは自宅でしましょう。もちろん職場でもやらない。同じ職場の同僚といえども、あなたのライバルです。
足元をすくわれないようにスキを見せない。
一流ドライバーは毅然とした日常勤務が重要。

乗客が座るシートの前席のヘッドレストの清掃。

たいがいビニールカバーを被せているけれど、これが掃除していと油汚れをしている。
特に女性客は嫌がります。
自分で掃除しても取れない頑固の汚れの場合は会社に言って取り替えてもらいましょう。
改善を頼んでも聞き入れてもらえないような、こういう細かいサービスに無頓着な会社で働いているようでは、あなたが可愛そうです。

運転技術はテクニックより誠実で安全運転をする

安全運転
運転が上手なのは当たり前ですが、上手だからといって、レーシングカーのようにスピードやテクニックを自慢しても一文の特にもなりません。
そういうドライバーが運転するタクシーには、リピーターがつきません。リピートがないので、ま毎日毎日新規客を探す羽目になります。

誠実で安全運転をココがけることが、一流ドライバーへの近道です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る