第一交通タクシー乗務員になるために知っておくこと

  • 第一交通タクシー乗務員になるために知っておくこと はコメントを受け付けていません。
タクシー会社求人

タクシー運転手はお客様を目的地まで安全に運ぶサービス業であり、プロフェッショナルです。
高齢化が進み、タクシードライバーのニーズはますます高まってきます。
同時に、定着率の悪かった労働環境も大幅に見直されて、女性ドライバーの求人も増えたり、大卒者の採用も積極的に行うタクシー会社も増えています。東京のタクシー会社では、未経験者でも二種免許の取得費用も会社が負担してくれたり、地方からの入職者のために寮を完備するなど非常に働きやすくなっています。

人口が多い6大都市での給与水準は高く、中でも東京・埼玉・千葉・神奈川・愛知においては、年収600万円以上も可能なタクシードライバーの求人が最も多い地域です。

また外国人観光客が多く訪れる観光地では、英語、中国語、韓国語の会話ができる人は年収もグ~ンとアップする好条件な求人も多数あります。

今のお仕事に、こんな悩みはありませんか?

今の職場で次のようなことで悩みがあるなら、タクシー会社への転職も考えてみることです。

  • 毎日残業でつらい・残業しても残業代が出ない
  • 休みの日は疲れて一日中家でゴロゴロしてる
  • 趣味の時間が欲しい
  • 転職は考えるけど、給料が下がるのは困る
  • 専業主婦だけど、外に出て働きたい
  • 結婚資金や住宅資金が貯まる給料が欲しい

このうち2つ以上に当てはまるなら、第一交通タクシーへの転職を前向きに考えてみませんか!?

タクシー運転手は残業がないこと、知っていましたか!?

タクシードライバーの労働時間は労働大臣告示で「自動車運転の労働時間改善のための基準」により、「厳しく」「規制」されているのです。
1回20時間乗車(休憩3時間含む)して、翌日は休日の隔日勤務が法的に決められています。つまり週休4日制なんです。

タクシー勤務時間

タクシー運転手は完全歩合給?って勘違いしていませんか?

タクシー運転手は、完全歩合給で売上ノルマがあるように思われがちですが、そんなことはありません。
確かに、1日の乗車率がゼロが続くと給料にも影響しますが、関東や愛知のタクシーでは1台あたり、1日の平均売上は45,000円です。
1ヶ月12日間勤務で、歩合率を掛けると月収324,000円になります。
しかも、未経験者においては3ヶ月間の給料保障があるから安心です。

第一交通タクシーの乗務員になれるか不安・・・

タクシー運転手になるには、普通目乗車免許でなくて、大型二種免許が必要です。タクシー運転手になりたいけど、二種免許の取得が難しそうとか、免許取得費用が出せないと悩んでいるかも心配いりません。

今はほとんどのタクシー会社が、二種免許取得の費用を負担してくれたり、技術指導などの研修をしっかりサポートしてくれます。
そして、転職ドライバーの3分の2がなんと未経験者なのです!
30代、40代からの転職者も多く、地方からの転職組も年々増加傾向にあります。

本気で第一交通タクシー乗務員になる近道!

本気でタクシー運転手にあるには、タクシードライバーの求人を専門に扱う転職エージェントに登録します。転職エージェントの利用は、すべて無料だから金銭的な負担は一切ありません。登録を済ませたら、大手タクシー会社とのパイプが太く、タクシー運転手のことを知り尽くした、キャリアコンサルタントからメールで連絡がきます。
転職に関するあらゆる悩みや疑問を聞いてくれて、解決してくれる強いパートナーです。

自分の希望に沿った勤務地や職場の求人が紹介してもらえるし、履歴書の書き方や添削指導、面接の受け方や面接動向まで親切丁寧に無料でサポートしてくれます。

第一交通タクシー会社がバックアップしてくれます!

大手タクシー会社への転職がおすすめ

どの業界でも大手への転職の方が何かと有利ですし給与などもいいですが、タクシー業界への転職の際も大手のタクシー会社への転職がおすすめです。
特に東京を含む関東地域では、東京四社と呼ばれる大手タクシー会社のどれかへの転職するのが、タクシー業界への転職で失敗しないためのポイントです。東京四社は,span class=”rd-line”>「大和自動車交通」「日本交通」「帝都自動車交通」「国際自動車」の四社です。

そして、福岡では第一交通や西鉄タクシー、MKタクシーと言った大手ですね。

大手タクシー会社は「強い無線顧客」や「ローカル駅の入構権利」を保有しています。
その分、お客さまの利用率が高いですし、お客さま自体も東京四社のタクシーを選んで利用されることが多くなります。
ということは、単純にタクシーを利用される回数が多くなりますので、歩合制が多いタクシー運転手の仕事では給与も高くなるというわけですね!

小さいタクシー会社ですとどうしてもそういった顧客の面で不利になるので、タクシー業界への転職では、まず大手のタクシー会社を狙っていきましょう。

転職サイトに求人が掲載されている会社を選ぶ

もし大手に入れなかったとしても「転職サイトに求人が掲載されている」というポイントを満たせばブラックタクシー会社に入ってしまう確率を減らすことができます。転職サイトに求人を掲載するのは掲載料がかかりますが、掲載料を払う余裕が会社にあるため、待遇や会社の施設がしっかりとしていることが多いです。

一方、ハローワークでも求人を見つけることができますが、ハローワークは掲載料無料ですので、求人を選ぶ場合は注意が必要です。
やはり人集めにお金をかけているタクシー会社の方が社員への待遇がしっかりとしていますからね。大手に入れなかった場合は、そういったところから求人を選んでいくのがポイントです。

まずは会員登録しましょう

希望のタクシー会社の就職を勝ち取るなら、専門のアドバイザーのサポートを受けましょう。応募から面接、採用まで無料でサポートしてくれます。
会員登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る